なんとこの記事で100記事目です

いつも読んでくださってありがとうございます

マメさんを父にようやく紹介できたのは、

私たちが出会って1年半ほど経過してからでした

『結婚したい』と真剣に考え始めたのは、

マメさんは私に出会ったその日だそうで、

私は出会って2ヶ月目くらいでしたので、

お互いが結婚を決めてから、まるっと1年以上かかったことになります

結婚相談所で出会ったカップルとしては、かなり手こずりました

私たちは結局、母からの絶縁を受け入れるという選択をしました。

母から絶縁された後は、何度か手紙を送りましたが読んでもらうことはできず、

それ以上の積極的な説得はしませんでした。

『自分たちが幸せになるために、父の平穏な生活を奪いたくなかったから』

私たちが説得を諦めたのは、ただただそれだけの理由です。

これが、他の家族に影響を及ぼさない状況であれば違ったかもしれませんが、

周りに悪影響を及ぼしてまで、自分たちを祝福して欲しいとは、どうしても思えませんでした。

周りからは、『お母さんは本当はもっと説得して欲しいんじゃないの?』と言われたこともあります。

真相はわかりません。

でも、母も立派な大人ですので、

本当は娘と縁を切りたくないという気持ちがあれば、自分自身が動けば良いのです。

子どもじゃないのですから。

他の家族を傷つけたり、家庭を壊してまで子どもを自分の思い通りに動かそうとすることは、

何の解決にもなりませんし、有意義なことではありません。

母がその姿勢を崩さないのであれば、私にできることは何もないと、今も思っています。

そうはいっても、入籍する前に結婚を反対していない父には会ってもらいたいという気持ちは、

マメさんも私もずっと持っていました。

父が会ってくれるということが決まった頃、私たちは具体的に入籍する時期を考え始めました。

2人ともぼんやりと、

『この辺りがいいな』

と思っていた日がありました

私たちがお見合いで出会った日は、2017年4月30日です。

あと半年くらいで、出会って2年の記念日…

2年記念日に入籍したい

……と思ったのですが、

実はその日は仏滅でして

別に仏滅でもいいけど、できれば良いお日柄の方が嬉しいな〜

あっ、翌日大安だよ

2019年5月1日にしようよ

3年目を夫婦としてスタートしよう

という流れで、すんなりと決まりました

…お気づきの方もいらっしゃるでしょうか?

私たち、意図せずに

令和婚

の流行に乗ってしまいました

いや、正確には、ちょうど記念日の日が平成最後の日に決まったなぁ、

私たち、2年記念日で入籍するとしたら平成最後の日になるんだ

あっ、大安の翌日にしたら令和元日なんだ

という認識はあったのですが、

元々私たちにとっては特別なタイミングだったので、

特に多くの人と被ることは気にならなかったんですね。

でも、周りから『流行に乗ったね〜』『全然レアじゃないね』『めちゃくちゃ他の人と被るの嫌じゃないの?』とか言われて、むしろその言葉で嫌な気持ちになりました

そんなの知らんわー

私たちにとっての特別な日に、たまたま改元が被ったんだー

っていうか、入籍するのにレアな日ってむしろ何

と、心の中で叫びました

今となってはそれもいい思い出です