お見合い後、混乱しながらも田中さんともう一度会ってみることにしました。

仲人さんを通じて連絡先を交換し合い、デートの約束をしました音譜
田中さんの勤務場所と私の自宅が近く、その辺りでピクニックをすることにニコニコ
スーツ姿の田中さんしか見たことがなかったので、待ち合わせをしたときはどんな服装でいらっしゃるのかドキドキでしたDASH!
その日の田中さんは…
おしゃれなポロシャツに、迷彩柄のパンツデニム
……
………迷彩柄好きじゃないんだよなーショボーン
まぁ、服装なんてそんなに重要ではないんですけどねあせる
その日はお昼ご飯を一緒に食べて、大きな公園でのんびりお話ししながら過ごしました。
お見合いの時にすでにいろいろとお話ししていたのですが、その日はもう少し踏み込んだ話もしたと思います。
田中さんの第一印象は、積極的だったのですが、2回目にお会いして、
『真面目な人には間違いないけど、思ったよりも落ち着いた雰囲気の人かも』
と感じていました。
私は田中さんに対して、気になっていたことがありました。
実は田中さん、お見合いで子どもの話になった時に、
『もし自分に子どもができたら、将来は勉強のためにインドに行かせたい!インドの教育はすごいんです!』
とおっしゃっていたんです。
正直、ドン引きまして…
インドの教育が例え進んでいるのだとしても、衛生環境の悪いところに子どもを送り込みたくない滝汗
と思っていました。
それがどれくらい本気なのかを確認したかったのと、
真面目な雰囲気の田中さんがあまり子どもと接している姿が想像できなかったので、子どもが好きではないのかな?と思う部分があり、確認しておきたかったのです。
私のスタンスは
『結婚は絶対にしたいけど、子どもはどちらでもいい』
でした。(今は少し変わっています)
そのため、子どもを持つことになっても、恵まれなくても、支え合っていける関係が作りたかったのです。
ストレートに聞いてみた結果、
まず、インドには大してこだわっていませんでした笑い泣き
ただ、どちらかというと『かわいい子には旅をさせよ』タイプかなと。
将来の子どもが楽をできるように学生時代に厳しく育てるということはありそうかなぁという印象でした。
そして、子どもは好きだそうですキョロキョロ
かわいいし、子どもを育てることで初めて一人前になれるのではないかと思っているとおっしゃっていましたキョロキョロキョロキョロ