田中さんと半日ピクニックデートをしてみて…
自分の気持ちに変化がありました。
『この方は自分にないものを持っているかもしれない』
私はどちらかというと、直感で動くタイプです。
比較的直感は鋭いタイプで、器用なので、それでも成り立っているのですが、そのために少し人生に浮き沈みもあります。
田中さんは頭が堅くて、不器用なタイプなのですが、物事を冷静に客観的に見ることに長けているようでした。
そういった部分は私に欠けていることなので、足りない部分を補い合えるのでは?と感じました。
だんだんと、田中さんとの交際に前向きになり始めましたニコニコ
お見合いの日に申し込まれた真剣交際に対して、きちんとお返事をしていなかったのですが…
その日の帰り際に、前向きに考えているということをお伝えしました。
しかし、その時すでに私は予定していたお見合いが1か月ほど先までありましてあせる
こちらの都合でキャンセルをすると違約金がかかるので、基本的には行かなければならないのですあせる
田中さんは、
『僕は1か月待ちます。もしその間にお会いした方で、僕よりも良い人がいれば、そちらを選んでいただいて構いません。待ってます。』
と言ってくださいました。
それから1か月は、仕事がお休みの日に田中さんとのデートをしたり、決まっていたお見合いをして過ごしました。
私が田中さんとの結婚について前向きだと意思表明をしたことで、より距離は近づいていったと思います。
ピクニックデートの次の週、
田中さんの職場の近くで2人で晩ご飯を食べたのですが、その帰りに
『手を繋いでも良いですか?』
と聞かれました。
もちろんいいのですが、そんなことをわざわざ聞かれると思っておらず、照れましたグラサン
それから1か月。
5人くらいの方とお見合いをしましたが、だんだん田中さんと一緒にいる時が、私にとって居心地のいい時間になっていましたニコニコ
予定していた全てのお見合いが終わった日、改めて田中さんから言われました。
『僕の気持ちは変わりません。
 
よろしければ、結婚を前提にお付き合いしてください。』
こうして、私たちは正式にお付き合いを始めましたドキドキ