結論から申しますと、私はZweiでは結婚相手を見つけられず、次のステップに進んだ先で今の夫と出会いました😊

 

 

Zweiは、条件マッチングといって、あらかじめ登録しておいた条件に当てはまる方の中から月に2回数人の方の紹介があります。

簡単なプロフィールと写真を見ることができ、話してみたいと思った場合は「コンタクト申し込み」をします。

相手も「コンタクト申し込み」をした場合に限り、双方が連絡を取れるようになります。

 

 

聞いた話では、20代女性は人気が高いので、1回に紹介される数も多いとのことで、数人だけの紹介の方もいらっしゃるようですが、私のところにも平均的に1回10人程度の紹介がありました✨

つまりは、男性の中に20代という条件設定をする方が多いようです。

 

 

しかし、活動を始めてみて分かったのですが、10人の紹介があっても会ってみたいなと思う方は数人。

その中で相手も会いたいと思っていただけるとなると、とても確率が低いのです💦

それに加えて、お互いに「コンタクト申し込み」をして連絡先を交換しても、メッセージでの会話が弾んで実際にお会いできるのは1カ月にほんの数人でした😅

会いましょう!となっても、自分たちで会う場所や日時をセッティングしなければならないですし、実際に会ってみると思っていたのと印象が違う、ということもよくありました。

 

 

Zweiでの活動で5〜10人程度の方とお会いしましたが、早い段階で効率が悪いことに気がつき、次のステップを考え始めました。
 
 
 

Zweiでの活動中、記憶に残るくらい嫌な想いをしたことがありました。

やり取りを始めて比較的早い段階でお会いすることになった方なのですが、会うなり『歯医者ですか。何が楽しくて歯を削るんですか?あれ、嫌いなんですよね~』と言われまして😨

私の仕事が嫌なら、なぜ歯医者とわかっていて会ったんだろう…と、とても不快でした💦

そもそも、別に楽しいから歯を削るわけではないですしね😅

削らなければならなくなったのは、その方自身が虫歯を作ったからですし、私たちの仕事はそれを治癒させるお手伝いをするものです。

患者さんでもたまに『なんでそんなに通わないといけないんだ?!』とおっしゃる方がいらっしゃるのですが、私たちに責任転嫁する方は、またすぐに虫歯が再発するのだろうな…と感じます。

その日は冒頭の発言を聞いてすぐに帰りたい気持ちになりましたが、すでにお会いしてしまった後だったので1時間だけお茶をご一緒してすぐに解散しました。

もちろん、2度とお会いすることはありませんでした😂

 


1