顔合わせお食事会が終わり、父が帰って行った後、

華奈とマメさん、マメさんのご両親の4人でお茶をしました☕️

私は父の言動が恥ずかしくて仕方がなかったのですが、

マメさんのご両親は特に意に介していないご様子でした😂
 
 
 
 

華奈『すみません、父が失礼なことを言ってしまって💦』

マメ父『全く問題ないよ✨

お父さんにお会いできてよかった😊

またお酒を飲み交わしたいねぇ🍶

しかしまぁ…失礼だけど、世の中にはお金に好かれる人とそうではない人がいて、お父さんは後者なのかもしれないなぁ…』

はい、そうかもしれないです💦

余裕のある生活ができるようになったのは、最近だと言っていましたし😥

それで、お金にあそこまで執着がでているのですかね💦

それにしても、恥ずかしかったですが😨
 
 
 
 

マメ母さんが、ポツリと言いました。

『なんだか、逆差別みたいだったね…』

この言葉を聞いた瞬間、胸が締め付けられました。

マメ母さんが指しているのは、誓約書の内容についてだと、すぐにわかりました。

『男女差別』というと、一般的には女性の権利が認められないとか、そのような内容を指すことが多いと思いますが、

私の父がマメさんと私に望んでいたことは、

マメさんの稼ぎで生活しろ❗️

華奈の稼ぎは華奈のものだ❗️

…というものだったんですね。

結婚したらそれぞれの稼ぎは(管理の方法はともかく)夫婦共有のものであるということは、社会的にも認められていますので、

それは、差別だと感じて当然のことかと思います😣
 
 
 
 

私はマメ母さんに、

父と私自身の考えや価値観は異なっていること、

誓約書にも、華奈の収入の使い道は夫婦で話し合って決めるものであり、父が介入する隙はないと明記してあることを再度お伝えしました。

(誓約書はマメさんのご両親にも内容を確認していただいています)

もしそれでもご両親が不満、不安を持ってしまうのであれば、

私の収入をマメさんの名義で管理することも考えるとお伝えしましたが、

『いろいろと意見は言うけれど、結婚したら親は関係ないから気にしなくていいよ』

と言ってくださいました😥

後で判明しましたが、給与は本人名義の口座でないと振り込んでもらえないのですね💦

無知だったので上記のような提案をしてしまいました💦
 
 
 
 

それまで、私の両親の発言に対しネガティブなことをおっしゃらなかったマメさんのご両親から、本音が垣間見え、

胸が苦しくなった1日でした😔

親から認められない結婚を選択することで、マメさんのご両親を傷つけてしまうという事実に、

罪悪感でいっぱいになりました。



3