私が結婚大反対にあっていた当時、

私は姉と2人で暮らしていました。

姉は私のことが大好きで、私が東京に引っ越す際に一緒に住みたいと言われて同居を始めました。

姉は穏やかな性格でしっかりもの、母にもうまく合わせることができ、器用なタイプです。

私は自分の意見を曲げて母の意見に合わせるということができなかったのですが、

姉は本当に上手くやっていたと思います。

私が母から猛反対にあっていると友人に話すと、決まって『お姉さんは間に入ってくれないの?』

と聞かれたのですが、

姉は、全く間には入ってくれませんでした💦
 
 
 
 

むしろ、姉は母と一緒になって、

『私もその彼はとんでもない人だと思う。

本当にカナのことを大事に思っている人なら、今の状況を聞いたら身を引くはず。

それをしないことがまずあり得ない。

人の家族を壊しておいて。

2人が結婚するとしても、

10年でも20年でも、母が納得するまで説得するべき。

親が納得していないのに、結婚するなんてあり得ない。

10年以上かかるだろうけど、そんなのなんてことないでしょう。』

そう言っていました。
 
 
 
 

一見父は中立の立場のようにも思えましたが、

それも勘違いであることが後々わかり、

家族の中には誰一人、私たちの味方はいませんでした。

私以外誰も、母がおかしいのではないのか、という考えを持つ人はいませんでした。

父も姉も、自分にとばっちりが来るのが嫌だったのです。

母の機嫌さえとっておけば、平和なのですから。

姉もまた、マメさんに会ったこともないにも関わらず、勝手に評価をする人のひとりでした。

何度頼んでも、『お母さんが反対なら私も反対』と言い、マメさんに会ってもらうことはできませんでした。
 
 
 
 

その後姉は、驚くべきことに、あれだけ私たちのことを批判しておいて、『私も婚活することにしたから、カナの仲人さん紹介して』と頼んできました😳

私の母は、仲人さんに対してもとんでもなくひどいことを言っていましたし、結婚相談所のことは『お金儲けの出会い系サイト』と言っていたんですよ?

でも、姉が母に事前に相談した際、

なんと、勝手にしなさいと言われたそうです😨

私たちには、あれだけの暴言を吐いたのに…と、

ますます、母のことが信用できなくなりました。

そして、平気な顔をして私の仲人さんを紹介してくれと言ってくる姉に、嫌悪感を抱きました。
 
 
 
 

姉は、私と同じ仲人さんの元で婚活をし、

母の納得するスペックの人を母と一緒に選び、

何も反対されることなく結婚しました。

姉は、母の価値観に合わせて相手を選びました。

その際に『私の彼に会ってほしい』と頼まれたのですが、

『私がどれだけ頼んでもマメさんに会ってくれなかったのに、当たり前のように会ってほしいと言われても私は受け入れられない』と言ったところ、

『じゃあ、カナの相手に会ってあげるから会ってよ』

と言われ、断りました。

私はそんな交換条件としてしか会ってもらえないのなら、会ってもらえなくていいと、そう思ったからです。
 
 
 
 

私の父は、姉の相手と会ったときに、

『あの2人が合うと思うか?お母さんもそう言ってるんだけど』

と、私に聞いてきました。

私は会ったことのない人だからわからない、と答えましたが、親からそういう風に見えていても、スペックが満足いくものであれば反対しなかったようです。

私は、マメさんとの入籍後、私たち夫婦の生活を守るために、母と同時に姉からも離れることを選びました。
 
 

次の記事へ

結婚大反対編へ戻る
 
 

 

2