マメさんと結婚したいということを、実家に行って話すことにした私。
実家に帰るよということを連絡しておこうと、母に電話をかけました携帯
普段めったにかけない電話を…滝汗
布団の準備などがあるので我が家では帰省するときに事前連絡必須なのですが、後から思うとこの連絡はメールでもよかったですねショボーン
『もしもし携帯カナだけど』
『はい。なんでしょう?』
『大事な話があるから来週実家に帰るので、時間を作ってください』
『話したいことって何?1人で帰るの?誰か連れてくる訳じゃないわよね?まさか、結婚なんていう話じゃないでしょうね?』
『あー、そのまさかだけど』
『え!?そうなの!?どんな人なの?どこの大学出てるの?』
『◯◯大学(有名私立大学)』
『へぇ〜、名門ね。なんの仕事してる人なの?』
『システムエンジニア』
『ふぅーん。何歳の人?』
『同い年』
『どこの会社にお勤めなの?』
『詳しいことは帰って話すから』
『言えないような会社に勤めてる人なの?話すこともできないの?』
『そんなことないよ、◯◯っていう会社だよ』
『あー、◯◯。あそこの△△の事業はお母さん気に入らないわ。カナ、何で同業の方を選ばないの?』
『私は同業者は希望してないよ。とにかく、詳しいことは帰って話すから。』
『わかった。お父さんに話しとく。』
初めの電話で思いがけず会社のことまで聞かれてしまうハプニングはあったものの、母はそれほど感情的にはなっていませんでした。
ちなみに、みなさんは年齢よりも何よりもはじめに出身大学を聞く母に違和感を覚えるかもしれませんが、母はまず人を学歴でみます。
私にとって受け入れ難いことの1つです。
一旦電話を切って、ほっとしたのも束の間…
その後、話をしに実家に帰るまでの間に、私だけではなく家族にまで、猛攻撃が始まります滝汗