親の愛情を確かめたい一心で、

マメさんと共に地元へ行くことにしました。

地元へ向かう新幹線の中で、私はとても緊張していました🚄

『今度はどんな言葉で罵倒されるんだろう』

自分やマメさんを否定されることに、恐怖心がありました。
 
 
 
 

実家の最寄りの駅に着き、

実家まで歩いて30分ほどの道のりを、マメさんと歩いて向かうことにしました🌷

不安でいっぱいになり、隣を見ると、

『大丈夫だよ』

と、ニコニコ笑っているマメさんがいました。

『田舎だって聞いてたけど、たしかに緑がいっぱいなんだね❗️

キャンプ場の匂いがする😄』

……

………キャンプ場😳

…この、都会っ子がー❗️❗️

と思いました😤
 
 
 
 

(キャンプ場の匂い…しそうですか❓)
 
 
 
 

2人でたわいもない話をしながら歩くこと30分、

私の実家が見えてきました🏠

心臓が、バクバクしました。

震える手で、インターホンを押しました。
 
 
 
 

『はーい♪』

他所向けの、明るい母の声がしました。

『華奈です』

『……』

インターホンの音声が、切れました。
 
 
 
 

そして、玄関の扉が開き、

母が出てきました。
 
 
 

2