玄関の扉が開き、母が出てきました。
 
 
 
 

無表情で近づいてきた母は、垣根越しに言いました。

『いったい、何の用でしょう?』

『あのまま絶縁っていうのは納得ができなかったから、会いに来た』

『は?何を今更。

もう全て終わってるわけでしょう?

今までだって、こうやって突然訪ねてくることだってできたのに、やらなかったんだから。

お母さんを完全に無視して、全て済ませたのよね?

今更一体、私に何を求めるの?

どうぞお帰りください。

全てあなたが選んだことです。

縁を切るということも全部わかってて、その上であなたが選んだんだから。

知ったことではありません。

お母さんにこれ以上何を求めるっていうの?

早くお帰りください❗️』
 
 
 
 

この言葉を聞いた瞬間、感じました。

『母は私に愛情があって、結婚に反対したのではない』

『あれだけの事をしておいて、やはり全て私の責任にするんだ』

もう何も、母に求めるものはないと思いました。

『マメさん、帰ろう。

今までありがとうございました。

さようなら。』

私は涙を堪えて、マメさんと共に実家を後にしました。
 
 
 
 

私は最後の賭けに、負けました。

 
 
 
 
母が気がつくことは、一生ないでしょう。

私が母に求めていたことは、

幼い頃からずっと、たったひとつのものでした。

母親からの愛情

ただそれだけが、欲しかったのに…

いつまで願っても、それが叶う日は来ないんだ…

この日、その事実を思い知りました😔
 
 
 

3