いつも1日1記事なのですが、間違って2日分アップしてしまいました

1つ前の記事もよろしくお願いします

ついにこの日がやってきました

それまで、あまりに私の両親からの反対が激しく、こんな状況だとお伝えすることはできない…という考えで避けてきましたが、

マメさんの転職と引越しを機に、ご両親に紹介してもらうこととなりました

マメさんとの打ち合わせで、

初対面の日はご挨拶をさせていただくだけで、反対のことは積極的に伝えない

落ち着いた頃に改めてお話の場をいただいて、その時にお伝えする

という計画を立てました

私はかなり緊張しましたが、マメさんは『うちの両親はカナのこと気にいるから大丈夫だよ』と気楽な雰囲気でした

マメさんがご両親に

『彼女を紹介したいんだ』

と言った時、『マメは、もう結婚しないものなのかと思ってたよ!どんな人か楽しみだね』とご両親は大喜びされたそうです

私たちの後ろに大嵐が吹き荒れていることは、もちろん知らずに…

マメさんのご両親とは、東京の某百貨店のカフェで待ち合わせをし、一緒にお茶をさせていただくことになっていました。

お2人はかなり早くに到着されていて、

私は『自分たちの方が後で着いてしまうなんて』と焦ったのですが、

『私たちはここでお昼ご飯も食べることにしたから、マメたちは後からゆっくり来てくれたらいいよー』

と、マメさん同様気楽な雰囲気でした。

初対面のご挨拶を済ませ、

和やかなお茶会が始まりました

マメさんのご両親はとても穏やかで、終始笑顔で楽しい雰囲気の方々でした。

私自身や私の仕事に関していろいろご質問を受けた後、

私たちが結婚を真剣に考えていることをお伝えしました。

『カナさんのような方にお嫁に来ていただけるなんて、私たちは大歓迎です』

ご両親は大喜びでした

そして、マメさんのお父様が、ふと言いました。

『カナさんのご両親にも、もうご報告はしたのかな?

カナさんのご両親は結婚についてどうおっしゃっているの?』

……そりゃ、そうですよね

1番痛いところを聞かれてしまいました

…文字数制限に引っかかってしまったので明日に続きます