『お帰りください』

母の言葉を聞き絶望した私は、

実家を後にし、マメさんと共にトボトボ駅までの道を歩いていました。

心の中で、スーッと冷めていくものを感じました。

もう母に対して何の感情も湧いてこないのに、

なぜか涙が出てきました。

マメさんはただただ、私の手を強く握っていてくれました。

大通りに差し掛かった時、向こう側から白い車が走ってきて、

私たちの前で停まりました。

『乗りなさい駅まで送っていくから』

私の母でした。

暗い顔を誰にも見られたくなかったので、

私たちはそこまで、大通りからは見えない裏道を歩いていました。

母の車が実家と反対側から来たということは、

きっとずいぶん探したのでしょう。

私は断る気力もなく、母の車に乗り込みました。

駅までの10分ほどの道のりで、母とは少し言葉を交わしましたが、

建設的な話にはなりませんでした。

お互いに歩み寄れる余地がないことを、

再び実感しました。

母からの罵倒に近い言葉を浴びながら、

私たちは送ってもらったことに対するお礼だけを伝え、

母と別れました。

これが、今生の別れだなと、感じていました。

何も感じないように、必死で心を閉ざそうとしていました。

新幹線の駅に向かう電車の中で、

私は母に対して抱いていた感情を、

全て頭の奥底にしまい込み、鍵をかけました。

勝手に涙が流れていましたが、気が付かないふりをしました。

新幹線の駅でマメさんと2人で美味しいものを食べ、

いつも実家に帰ると買っていくお気に入りのお菓子を買って、

帰路につきました。

『付き合ってくれてありがとう。あんまり来た意味がなかったね。ごめんね。』

マメさんに言うと、

『ううん、意味はあったよ。来てよかった。

俺が付いてるから、大丈夫だよ。』

と言ってくれました。

この、帰りの新幹線の中で、またしても母からの追い撃ちが待っていました。