こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪

私たちの詳しい自己紹介などのページです。
 
 
 
  

私は仕事でもプライベートでも、「いずれこの方のようになりたい」という目標となる方がいます。

自分自身がリーダーシップを切って未知の領域にチャレンジしていくタイプではなく、自分よりも先を歩いている人を見本にして前へ進んでいく方が私には向いていると思っています。
 
 
 
 

プライベートにおいて、私たち夫婦は子どもを持たない選択をしているので、やはり一般的に割合の多い子どものいる夫婦とは大切なものや価値観が違うことも多いです。

お子さんがいらっしゃると、「子どもが1番」になっていくのはごく自然なことだと思うのですが、夫婦2人の場合は、相手が元気で長生きしてくれることが1番大事なことなんですよね。

(私個人の価値観で、人様にそれを押し付ける考えではありません)
 
 
 
 

そんな私が「こんな夫婦になりたい」とずっと思っている憧れのご夫婦は…

山口智子さん、唐沢寿明さんご夫妻です🥰

山口智子さんといえば、2016年のFRaUのインタビューで「私はずっと、子どもを産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです。」とおっしゃったことが一時期話題になりました。

表に出るお仕事の方が、きっぱりとこのように言い切ってくださったということは私の中で心に響くことでした。

私は、幸せは子どもがいるかどうかでは決まらないと思います。

子どもを産んで初めて感じる大きな幸せもあるのでしょうし、子どもに関する意見の食い違いで大きなすれ違いが起こってしまう家族だっています。

子どもがいないから、夫婦間が合わないと思ったらすぐ別れてしまう夫婦もいれば、いないからずっとカップルのようにラブラブでいられる夫婦だっています。

それなのに、自分たちが選択的子なし夫婦だと言うと必ずと言って良いほど『なんで?!華奈だったら絶対に良いお母さんになれるのに!』『夫婦2人なんていずれ飽きるよ!』『老後大変だよ』など、本当にいろいろなことを言われます。

(個人的にはそもそも老後面倒を見てもらいたいという目的で子どもを産むことには賛成できませんが)

世間は子どもが欲しくてもできない夫婦には気を遣っても、子どもを欲しいとも思えない複雑な事情を抱えた人には容赦なく否定するようなことを言います。

でも、芸能人の方が子どもを産まない選択に一片の後悔もないと言ってくださることで、同じ考えを持つ私のような人たちが少し肯定されたような、「それはそれで良いんだよ」と言ってもらえたような気持ちでした。
 
 
 
 

山口さんは、「唐沢さんと生きることは本当に楽しいです。世界一幸せです!」とおっしゃっていて、

唐沢さんは「1番の宝物は山口智子」とおっしゃってるんですよね。

結婚して20年経ってもお互いを大切に尊重しあっているお2人は私の憧れです。

唐沢さんご夫妻は今でも手を繋いで寝るそうですが、我が家は寝る瞬間はすでに30㎝くらい離れてますけどね😂
 
 
 
 

子どもがいてもいなくても、何十年という年月が流れた後にも、マメさんが私と歩む人生を幸せだと感じてくれてると良いなぁと、心からそう思います🥰

いつまでもマメさんに寄り添って、2人で手を繋いで生きていきたいものですね。

 
 

 
 

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です