こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪

私たちの詳しい自己紹介などのページです。

 
 
 
 

最近、ふとした会話の中で「ドキドキを追い求めている間は結婚できないのでは」という意見が出たことがあり、私の場合どうだったかなぁと思い返してみました🤔

夫のマメさんと出会ったのは2017年の4月のこと。

結婚相談所を通じたお見合いでした。

(詳しくは、マメさんと華奈の結婚秘話をご覧ください✨)

初対面だったのでもちろん緊張はしましたが、男性としてのドキドキが強かったかというと、そうではなかったんですよね。

実は私、ムキムキマッチョで、身体が大きくて男っぽいワイルドな雰囲気の人が好みなんです。

くまさんと呼ばれるような、大きくて優しそうな感じの方も好きです。

それに対してマメさんは、細身で色白、笑うとすごく優しそうなんですけど、初対面ではそれよりも真面目そうな雰囲気の方が目立っていました。

私が作ったシャツを着てポーズをとるマメさん🥰

…細いでしょ?笑

そのため、あんまり「この人すごく好み!😍」という興奮はなかったです。

 

 

 

 

マメさんと他にお会いした男性たちの間で違うことがあったとしたら、それは「私の何もかもを受け入れてくれる広い心」だったかなぁと思います。

マメさんと出会う前に十数人の方とお見合いをしましたが、私にすごく好意を伝えてくださる方は総じて私の職業をすごく褒めてくださったんですね。

「歯科医師として働いているなんて素晴らしい」

「そんなお仕事をされている華奈さんを尊敬します」

と、そんな感じだったんですね。

私はちょっぴりひねくれているので、

「歯科医師だというのが私の1番の特徴じゃないんだけどなぁ」

「私個人の内面を見てくれてる訳じゃないんだ」

と、そう受け取っていました。

でも、初対面で「華奈さんと結婚したい」と言ってくれたマメさんの眼には、私の仕事や学歴なんかではなく、クソ真面目で融通が効かない性格や、気が強いところや、その他の良いところも悪いところも映っているように思えました。

私がただ家庭的で優しいだけの人間じゃないって、この人はわかって言ってくれてるんだと、何故かそう思えたんです。

この人なら、私の嫌な部分も暗闇の部分も見せられるかもしれない。

そして、それも全てひっくるめて受け止めてくれるんじゃないか…

そう感じたのが、私がマメさんとの結婚を考え始め、心を開き始めたきっかけだったと思います。

 

 

 

 

つまりは…我が家の場合、少なくとも私は異性としてのドキドキはそんなに強くなかった相手と結婚しました😂

全くドキドキしなかった訳じゃないですよ⁉️

結婚相手にドキドキを求めてはいけないとは全く思ってないですが、私個人的には結婚に対して安心と安定を求めていたので、これでよかったかなぁと感じています🌸

マメさんが私にくれたのは、ドキドキではなく、自分に絶対的な味方がいるという安心感と愛情です。

マメさんと出会う前は、人から愛されることも人を愛することもよくわからなかったんですよね。

マメさんと出会って、一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、愛することはこんなにも自分も幸せになれるのかということを実感しています。

今現在、旦那さんにドキドキしますか?と質問されたら答えはNo!ですが、ただただ愛しくてたまらないです🥰


 

 
記事の下にオレンジのいいねボタンがありますので、『いいな』と思った記事があれば押していただけるととても喜びます!
 
 

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です