こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪

私たちの詳しい自己紹介などをまとめたページです。
 
 
 
 

こちらのシリーズでは、新型コロナウイルス第二波爆発前に訪れた長野県泰阜村(やすおかむら)への旅の記録を綴っています🥰

この記事は

長野県泰阜村の旅〜きっかけ〜

長野県泰阜村の旅②〜見渡す限りの大自然〜

長野県泰阜村の旅③〜メンタルボディケア〜

長野県泰阜村の旅④〜左京の宿〜

の続きです。

 

 

 

 

旅行2日目の午前中は、カウンセリングでお世話になった橋本さんが村を案内してくださいました✨

当初の予定では、その日は村の秘境に連れて行っていただく予定でしたが、直前の大雨の影響でそれが難しくなってしまい、代わりにあいパークやすおかという遊べる公園に案内していただきました。

あいパークやすおかのページ

 

 

 

 

あいパークやすおかでは、なんと!

ボブスレーを楽しむことができます!!

ボブスレーというと、氷を張ったコースを特殊な形のそりで滑走してタイムを競う、冬季オリンピックの競技を思い浮かべます。

いつもテレビでオリンピックを見る度に、どんな競技なんだろうと不思議に思っていましたが、2人乗りの競技の場合は1人がパイロットの役割でそりをハンドルでコントロールし、もう1人がブレーキをかける役目をするようです。

あいパークやすおかにあるドリームボブスレーは、本場のスポーツのように氷上のハイスピードのものではなく、お子さんでも楽しめるような自分でスピードをコントロールできる楽しい乗り物です✨

こんな感じの広い斜面にコースが作ってあって、そりに乗って滑り降りていきます。

よーく見ると、斜面の途中に『ドリームボブスレー』という文字が書かれているんです!

ブレーキを完全に外すとちょっとしたジェットコースターくらいのスリルがあり、怖ければ自分でスピードを抑えることもできます。

下まで滑り切ったら、そりごと斜面の上にリフトアップしてもらえます。

私はジェットコースター苦手、マメさんはスリルがある方が好きなタイプですが、どちらも楽しめました!

お子さんと一緒の方は、親子2人で乗っていましたよ🥰

(こちらの写真はあいパークやすおかのHPからお借りしました)

 

 

 

 

あいパークやすおかでは、ドリームボブスレーの他にもパターゴルフができたり、季節のお花が楽しめる公園があったり、泰阜村を囲む山々を眺められる展望台があったりと、世代を問わず遊べる施設でした。

私たちが伺った時期はちょうどブルーベリーがなる時期で、公園の中にブルーベリーの木が並んでいる一角があり、そこのブルーベリーは自由に食べても良いそうです!

(ただし、持ち帰ることはできません)

橋本さんの幼稚園生の娘ちゃんに食べごろの見分け方を教えてもらいながら、無添加無農薬のブルーベリーを、私たちも美味しくいただきました😊

私たちがあいパークやすおかに連れて行っていただいて嬉しかったのは、ボブスレーを楽しめただけではなく、泰阜村に住むおじいちゃんたちとちょこっとお話しできたことでした。

「どちらから来たの?」

「あっちに見える山は〇〇山で、昔はこんなところだったんだよ」

村の人が集まる場所で、そんな他愛もない話ができるのも、とっても和む嬉しい時間でした。

街中で暮らしていると、せいぜい同じ建物に住む方と「こんにちは」と挨拶を交わすくらいなので、新鮮なのです。

 

 

 

 

ちなみに、今回直前の悪天候のために行くのを断念したのは、万古渓谷(まんごけいこく)という秘境です。

万古渓谷は天竜川の支流である万古川上流の渓谷で、沢登りが楽しめる場所です。

沢登りは登山の一種で、沢の地形や周りの大自然を余すことなく楽しめるものとして知られています。

泰阜村の二軒屋キャンプ場のあたりからお隣の飯田市唐沢の滝までのエリアを万古渓谷と呼ぶようですが、多くの美しい滝があり、その景観は圧巻だそうです!

泰阜村から万古渓谷に行く場合は、二軒屋キャンプ場に駐車場やトイレがあり、そのすぐ側の赤い吊り橋(下の写真の奥の方に写っている橋)から渓谷に入ることができます。

もちろん、沢登りはしっかりとした装備の上で行わなければ危険な登山で、今回私たちが宿泊した左京の宿のご主人から沢登りの装備をお借りすることもできるようです。

ヘルメットやライフジャケット、専用の靴などの装備をしっかりとして、経験のある方と一緒に行うようにと、役場のHPでも注意喚起がされています。

初心者は川が増水する前の5月頃がチャレンジしやすい時期だそうで、増水してからだと慣れていないと秘境の奥の方までは難しいようです。

興味のある方は、慣れている村の方に声をかけて一緒に行ったもらうのが安心かもしれないですね😊

私たちは来年の増水前を狙ってチャレンジしてみたいなぁと考えています✨

 

 

 

 

泰阜村は、自然の中で心からリフレッシュできるような素敵な村でした。

私は田舎が好きなので、いずれは自然いっぱいの土地に住みたいなぁという野望がありまして…

それが叶うのはおそらくかなり先のことだと思いますが、時々こんな場所へ行って癒されたいと思う毎日です。

次回の旅の記録は、お土産編を予定しています♪

 

 
記事の下にオレンジのいいねボタンがありますので、『いいな』と思った記事があれば押していただけるととても喜びます!
 
 

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です