子なし夫婦のマイホーム計画 | 夫婦2人暮らし マメカナののんびりHappy Life♪

こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪

私たちの詳しい自己紹介などをまとめたページです。      

先日から、『DINKS夫婦、家を買う』シリーズを始めました😊

こちらのシリーズでは、DINKS(共働きの選択的子なし夫婦)である私たちが、どのような考えでどのような家を購入したのかをご紹介しています。

シリーズ完結に1年以上かかる予定ですが、ご興味のある方はぜひ✨

今日もお家の話題です🏠

〜賃貸か持ち家か〜

〜マンションか戸建てか〜

~新築か中古か~

では、私たちが新築戸建ての家を購入することに決めた経緯をお話ししました🥰

マンションor戸建て、新築or中古ときて、次は建売or注文住宅を選んだ時のお話です🏠

前回までのおさらいですが、私たちは購入した家で約30年は住む予定ですが、その後マメさんの実家である東京に帰る可能性があるため、売却が前提となります。

家の種類を選ぶ際にも、「売却時に有利かどうか」も考慮に入れて考えました。

後日、私たちにとってのマイホームの条件と優先順位もわかりやすく記事にしようか思っています😊

まずは例によって、一般的なそれぞれのメリットやデメリットを挙げてみます。

【建売】

メリット

◯購入価格を抑えることができる

◯土地探しや詳細な設計・設備などを決める必要がないので、手間が少ない

◯購入を決めてから住み始めまでの期間が短い(建築後の購入の場合)

◯完成形を見てから購入することができる

◯土地と建物のローン開始が同時にできる

デメリット

◯すでに土地や間取り、設備などが決まっているので自由度が少ない

◯高価な設備は入っていないことが多い(入っている場合は物件価格も高い)

◯建設中の現場を細かく確認することができない

【注文住宅】

メリット

◯土地や間取り、設備やデザインを自由に選ぶことができる

◯建設中の現場を細かく確認することができる

デメリット

◯土地・間取り・設備など全てを決めなければならないので非常に手間と時間がかかる

◯建売と比較して価格が高くなりやすい

◯住み始めまでの期間が長くかかる

◯完成形をみてから購入することができない

◯土地のローンが先に始まるため賃貸家賃との二重払いの時期が必要であり、銀行によってはつなぎ融資がいる場合もある

こうやって挙げてみると、建売の方がメリットが多いように感じますね。

私たちも実際、建売や中古の物件をいくつか見に行きました。

本当は中古物件をこだわりたい設備だけリフォームしたいと考えていたのですが挫折し(中古物件を諦めた経緯については先日の記事参照)、それなら建売をお手頃に購入してしばらくして落ち着いたら一部の設備を変えようかと考え始めました。

建売業者の中には、土地は自分で選んで建物は建売と同じ規格のものを安く建ててくれるところもありますので、それでも良いかも…とも。

この時はまだ、「私たちはキッチン以外に特にこだわりがないし」と思っていました。

そうして、何件か建売物件を見ているうちに、何となくあることに気がついてしまいました。

…全くときめかない😱

いや、こう言うと語弊があるかもしれませんね💦

私たちも建売に対して、特に価格面の魅力を感じて候補に入れていたのですが、私たちには価格よりも大切なことがあったと言うことですね。

〜マンションか戸建てか〜でも、価格面で有利な方が脱落しましたので、そろそろ気がついても良かったんですけど😅

物件を見に行くと、大体マメさんと感想を言い合いながら帰ります。

建売物件を見に行った帰りも、見た物件についての話に当然のようになりました。

「ここでもいいと思うけどね、立地もすごくいいし」

「建売の割には隣の家との距離は近くなかったね」

「悪くないんじゃない?」

……で?

ここに決めるの?

と言う話になった時に、何か2人とも引っかかるものがありました。

あくまでも「ここでもいい」であって、「ここに住みたい!」ではなかったんです。

なんとなくですが、せっかく家を買うのに、賃貸の家に住んでいる今とあまり変わらないような感情でした。

それはその物件に限ったことではなく、建売のような規格住宅に共通するものだったんです。

忘れてはいけないのが、私たちの選択したDINKS(共働きの選択的子なし夫婦)というのが、決して多くはない家族の形だということ。

その一般的ではない私たちの生活を規格住宅に当てはめて、実際の生活を妄想すると…

……

………なんだかとても寂しかったんです😭

夫婦2人なのに、家の中がたくさんの部屋に区切られていて、それぞれが別々の時間を過ごす風景が思い浮かびました。

今でもマメさんが在宅ワーク中は扉を閉めずにお互いの存在を感じられるようにしているのに、戸建てになってフロアが分かれたら、それすらできなくなってしまう…。

もちろん、建売を購入してリフォームすることもできますが、リフォーム費用がかかるので、価格面のメリットが減ってしまいます。

中古マンションが本命!から始まり、注文住宅なんてどこかのお金持ちが建てるものだと全く候補に入れていませんでしたが、いっそのこと注文住宅にして私たち自身の生活にあった家を建てた方が良いのかもしれない。

そう考えて、実際のところいくらくらいの予算で注文住宅が建てられるのかを調査しました。

選ぶ土地、ハウスメーカー、設備、延床面積などによって価格が大きく変わりますので、あくまでも私個人の印象ですが、ローコストに建物を建てたとしても建売よりも少なくとも500万は予算が上がる印象です。

設備にこだわればこだわるほど、限りなく予算が上がってしまうのが注文住宅の怖いところですよね。

悩みに悩んだ末に、私たちは当初の予算を見直して新たな資金計画を立て直しました。

もともとの予算はかなり余裕のある資金計画だったので、立て直した予算でも今までと変わらず夫のマメさんのお給料だけでも生活できる計画です。

そして、「このくらいの予算で希望している立地に住みたい家が建てられるなら注文住宅にしよう」と決めました🥰

今現在は、注文住宅にすることが決定し、土地を購入して設計段階に入っています🌸

選択的子なし夫婦の建てる家とはどんなものでしょうか⁉️

気になる方は、記事下の「いいね♡」ボタンを押していただけると喜びます!


にほんブログ村

5

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です