マイホーム予算について考える | 夫婦2人暮らし マメカナののんびりHappy Life♪

こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪

私たちの詳しい自己紹介などをまとめたページです。      

先日から、『DINKS夫婦、家を買う』シリーズを始めました😊

こちらのシリーズでは、DINKS(共働きの選択的子なし夫婦)である私たちが、どのような考えでどのような家を購入したのかをご紹介しています。

シリーズ完結に1年以上かかる予定ですが、ご興味のある方はぜひ✨

前回までの記事で、私たち夫婦が注文住宅を建てることに決めた経緯を書きました。

DINKS夫婦、家を買う~賃貸か持ち家か~

          ~マンションか戸建てか~

          ~新築か中古か~

          ~建売か注文住宅か~

注文住宅を選択する上で、予算を立て直したことにも少し触れたのですが、実際どうやって家に使う金額を決めたの?!というところを今日はご紹介します😊

一般的に、理想的な(無理のない)住宅にかける費用は年収の25%までと言われています。

世帯年収×0.25

で年額が簡単に算出できます。

月々の額はそれを12で割るだけです。

私たちは今、賃貸マンションに住んでいて、管理費や駐車場代も全て含めて計算すると、住宅費が世帯年収の約9%でした。

つまり、仮に月々の住宅ローンの返済額が今の住宅費の倍であったとしても、資金計画としては無理がないということです。

マメカナ家は、夫のマメさんが大手企業のシステムエンジニアで私が歯科医師のため、2人ともある程度の収入があります。

そして普段はマメさんの収入を生活費に当てていて、世帯年収の半分以上にあたる私の収入はほとんど手をつけることなく貯蓄に回しています。

2人とももちろんたまに服を買うことくらいはありますが、それほど物欲が強くなく、物持ちもとても良いです。

ただし、「安くて長持ちしないもの」よりも「多少値段が張っても10年くらい使えるもの」を買って、大事に使い続ける傾向にあり、たまに高価なものを買うこともあります。

そんな私たちにとっては、マメさんの収入だけでも普通に生活を送るのには必要十分です。

それなら、住宅にはお金をかけても良いよね?

…と思う方もいらっしゃるでしょうが、私たちは今の生活レベルを大きく変えるつもりはありません。

そのため、家を買う費用も賃貸の住宅費よりはお金をかけるつもりですが、『マメさんの収入の範囲で月々のローンを返済できる額』で予算を組みました。

私たちは選択的子なし夫婦なので、出産や育児による私の収入減もなければ、多額の教育費も必要ないです。

ただ、いつどちらに何があるか分からないので、一方が働けなくなった途端に破綻するローンの組み方はしたくないんです💦

注文住宅を建てるための実際の住宅ローン返済額は、

世帯年収×約13.8%

を予定しています。

住宅ローンの内容は土地と建物の費用だけでなく、諸経費や外構費も全て含まれています。

もし我が家が土地と建物だけのローンにしたとしたら、約13%ですね。

非常に低金利なので、フルローンを組むことにしました。

これでも私たちにとっては「本当に無理がない計画かな⁉️」と、何度も話し合いが必要でした。

注文住宅ではなく建売やマンションにするなら、10%くらいを考えていたので、けっこう引き上げたんです💦

私たち夫婦は2人ともかなり慎重派なので、結婚した際にライフプランを専門家に立ててもらって資金計画を組んでいます。

その際に、もし子どもが2人生まれたとして大学まで学費を出しても、マイホームを今回の予算くらいで買ったとしても、老後資金に余裕があるということを算出していただいます。

マイホーム購入に当たって、専属のライフプランナー(実はマメさんのお父さんがその道のプロなんです😂)に再度みてもらい、無理のない計画だとお墨付きをいただきました!

もしどちらかに何か予定外のことが起こって働けなくなったとしても、住宅ローン返済には問題ないと思います。

でも、2人ともが働けなくなってしまったとしたら、その時は売却を考える時ですね💦

もちろん癌や死亡の場合など、決定的な事柄なら団信や住宅ローンの保証の範囲内ですが、そうとは限らないですよね。

今のご時世ではうつ病のリスクもありますしね。

まぁ、2人ともにそんなことが起こってしまったら、家がどうこう贅沢は言っていられなくなるでしょう😭

我が家は家を買う時にお互いの独身時代の貯金には全く手をつけない予定なので、そんな事態になったらついに貯金を崩す時になりそうです。

ちなみに、住宅ローン返済が無理なくできるかの目安はご紹介した計算で簡単に出せますが、実際にその額の融資が受けられるかは銀行の住宅ローンの審査を受けなければわかりません。

家づくりの計画を進める前に、住宅ローンの事前審査だけでも受けておくと安心ですし、実際に買いたい土地や建物が出てきた時にもスムーズです🥰

参考になったよ!という方は、記事下の「いいね♡」ボタンを押していただけると嬉しいです!


にほんブログ村

0

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です