【自宅で47制覇の旅】新潟県柏崎市/珍味の田塚屋・魚卵塩辛 | 夫婦2人暮らし マメカナののんびりHappy Life♪

こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪        

今日は『自宅に居ながら47都道府県制覇の旅♪』シリーズ、新潟県柏崎市編です!

新潟県は私たちにとって特別な土地でして、実はマメさんと華奈が初めて旅行に行った場所なのです😄

新潟県といえば、お米!そして海鮮!!ですよね。

採れたてピチピチの海鮮は現地に行った時の楽しみに取っておきますが、新潟県ならではの『お米を美味しく食べられるごはんのお供』をお取り寄せしました。

     

今回お取り寄せしたのは、

魚卵塩辛

赤造りいか塩辛

塩するめ

です❗

新潟県柏崎市にある『珍味の田塚屋』さんから購入しました。

珍味の田塚屋HP

「魚卵塩辛」って、みなさん聞いたことがありますか?

私は美味しいものを探していてたまたま見つけたのですが、あまり馴染みがなく、実際に食べてみるまでどんなものなのかよくわかっていませんでした。

日本全国でも新潟県柏崎市にしかない珍しい珍味で、新鮮な鱈の子を原料にして漬け込んだ塩辛だそうです!

実は華奈は、大の珍味好きです😍

お酒は全然飲まないのですが、お酒が進むような珍味が大好きなので、これは食べてみない手はない❗

と思い、購入に至りました。

『珍味の田塚屋』さんでは、いかの塩辛は白造り赤造りを用意されています。

白造りとは、イカ肉と塩のみで発酵させてつくられるもので、

赤造りとは、白造りの材料にイカの肝も加えて発酵させたものです。

イカの塩辛というと、赤造りの方を思い浮かべる方が多いかと思いますが、身近な白造りの塩辛というと「たこわさび」などが当てはまりますね。

どちらも食べてみたい❗という気持ちでいっぱいでしたが、今回は「魚卵塩辛」が一番の目的だったため、より好みである赤造りのみを購入しました。      

右側が魚卵塩辛で、左側が赤造りのイカの塩辛です💕

魚卵塩辛は初めてでしたが、見た目はねっとりとしたタラコのようでした。

魚卵塩辛は…食べてびっくり❗

魚卵の味と、米麹の濃厚な味がすごくパンチがあって、想像以上に旨味と塩味の強い、独特の風味がくせになるお品でした😳

ごはんやお酒のお供としては最高ですね。

ほんのちょっぴりの魚卵塩辛を白いご飯に乗せて食べると、延々とごはんが進みます!

田塚屋さんからは、初めて魚卵塩辛を購入する人でも美味しく食べられるように、アレンジレシピも一緒に送っていただきました。

 

まだ我が家ではアレンジレシピは試していないのですが、「しおから大葉チャーハン」はぜひ一度作ってみたいです。

個人的には、ポテトサラダに魚卵塩辛を和えるのがすごく合うのでは?!と思っているので、試して美味しかったアレンジレシピをいずれ追加でアップさせていただきますね。

         

そして、食べたくて思わず一緒に購入したものが、

塩するめです❗❗

塩するめは名前のまま、塩漬けしたスルメイカのことですが、干して乾燥させる時間によってかなり食感が違います。

田塚屋さんの塩するめは、詳細な記載はなかったのですが、一夜干しのものかな?と思います。

こちらは、「軽く焼いて食べるもよし、天ぷらにするもよし、ポン酢がとても合います!」とのことだったので、お家の魚焼きグリルで軽く焼いていただきました✨

柚子胡椒マヨネーズ、七味マヨネーズもすごく合うのでオススメです!

するめ自体にも塩味がついているので、焼いてそのままつまんでも良いと思います。

冷蔵保存では消費期限はそれほど長くないですが、それでも届いてから10日程度持ちますし、冷凍保存ができるので、我が家では少し多めに購入してすぐに食べない分は冷凍保存しました。

最近マメさんも私も自宅にいる時間が急激に増えた影響で、いつもの量の買い出しをしても食材がすぐに足りなくなってしまうので、「ちょっと一品足したい!」というときにとても重宝しています。

そして何より、最近話題になっている「自宅居酒屋」を楽しまれている方にはすごくオススメです♪   

新潟県はお米の名産地とあって、ごはんやお酒を楽しめる文化が素晴らしいですね。

まだまだ他にも気になる食べ物がたくさんあるので、またマメさんと2人で旅行に行ける日が楽しみです😊

今回は「白いご飯とお酒に合うグルメ」でしたが、いかがでしたでしょうか?

マメカナへのお取り寄せグルメリクエスト・オススメがあればぜひ教えてくださいね。

同シリーズの別のグルメが気になる方は、下のリンクからご覧ください♪
 

  記事の下にオレンジのいいねボタンがありますので、『いいな』と思った記事があれば押していただけるととても喜びます!  


にほんブログ村

4

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です