こんにちは!

読んでいただいてありがとうございます😊

初めての方はこちらからお願いします♪

私たちの詳しい自己紹介などをまとめたページです。
 
 
 
 

『DINKS夫婦、家を買う』シリーズを始めました😊

こちらのシリーズでは、DINKS(共働きの選択的子なし夫婦)である私たちが、どのような考えでどのような家を購入したのかをご紹介しています。

シリーズ完結に1年以上かかる予定ですが、ご興味のある方はぜひ✨

こちらのアイコンから、マイホーム関連の記事に飛んでいただけます♪

 

 

 
こちらの記事は、

私たちの土地探し①

私たちの土地探し②~意見の食い違い~

私たちの土地探し③~思わぬ展開~

私たちの土地探し④~担当さんの目の色が変わった瞬間~

私たちの土地探し⑤~候補の土地が抱える問題~

私たちの土地探し⑥~恥を捨てた日~

私たちの土地探し⑦~緊急会議!高低差のある土地の外構費は?!~

の続きです♪
 
 
 
 

 

クラシスホーム初回打ち合わせ

土地の候補が急浮上

   ⇩

1日後 マメさんと現地リサーチ

   ⇩

2日後 華奈1人で現地リサーチ

   ⇩

3日後 クラシスホーム臨時打ち合わせ(今ここ)

外構の提案と住宅ローンの事前審査申込予定
  
  
  
  

夜遅くのクラシスホームのモデルハウスで、候補の土地にかかる外構費について説明を受けた私たち。

担当さんの話の途中から、ずっと考えていたことがありました。

これはクラシスホームに向かう車の中でもマメさんと話していたことで、担当さんの話の内容に納得したらこうしようと、2人で打ち合わせしていました。

 

 

 

 

「あの…」

私が先に、口を開きました。

「もともとは今週末にこの土地でのプランを出していただいてから購入するかどうかを決める予定でしたが、私たちもう、この土地に買付を入れようと思うんです。」

「わかりました。

実は、今日の夕方の時点で買付は入っていなかったものの、こちらと同じように詳細な土地の図面を取り寄せた方はいらっしゃるようなんです。

つまり、図面を参照して間取りを作成し、検討していらっしゃるということです。

この土地の条件を考えると、早いに越したことはありません。

今日買付の申込書に記入いただいて、明日の朝すぐに申し込めるようにしておきましょう。」

 

 

 

 

初回の打ち合わせで出していただいていたプランは、候補地よりも狭い敷地面積でシミュレーションしたものでした。

となると、この土地であれば確実に私たちの要望は入るし、金額の概算もある程度わかっている。

それなら、もたもたして先を越されてしまう前に買付を入れたい…そういう気持ちでした。

私たちの性格上、本来はものすごく時間をかけてリサーチし、隅々まで問題を探して納得してから決断するタイプなのですが、この土地に関しては2人とも迷いが出ませんでした。

そうなんです、好きになっちゃっていたんです、この土地が🥰

 

 

 

 

もちろん、100%希望通りの土地ではありません。

高低差はあるし、前の道路は狭いし、駅前の交差点がたまに混むことがあるし…😂

でも、その地域ののんびりした雰囲気や、立地がとても良いのに静かで少し田舎っぽさが残っているところや、日当たりの良い南斜面に両側道路…

そして高低差があるからこそ、南側が誰の目も気にしなくても良い開けた場所であることなど、「好き」の方が大きく上回っていました。

 

 

 

 

この土地がふわっと話題に上がってからわずか3日。

土地探しを始めてなんと一件目の候補地に、私たちは買付を入れることに決めました。

超超超慎重派夫婦でも、決めなきゃいけない時は決めれるんですね❗️

 

 

 

 

その日は不動産購入申込書、そして住宅ローンの事前審査の申込書を記入して、クラシスホームを後にしました。

 

 

 

 

カナ「決めちゃったね」

マメ「決めちゃいましたね😁」

「これで良かったと思う?まだ一件目の土地だよ?

もっといろいろ見てから決めなくて良かったの?」

「うん、これで良かったんじゃないかな。

一件目であっても良い条件のところを決断できたのは、華奈のおかげだよ。

華奈が前からずっといろんな物件や地域のことを調べて情報を集めてくれていたし、2人の間で優先するべきことをまとめてくれていたから、判断できたんだよ。

いろいろ頑張ってくれてありがとう🥰」

 

 

 

 

実はここまでの間、マイホームに対して割いている時間と労力に、夫婦間で大きな差があったんです。

私がもともと実行する前に調べ尽くさなければ気が済まないタイプなので、かなりの時間を使って知識を集めていて、マメさんは私がまとめて報告したことに意見を言う(ほとんど賛成してくれる)というスタイルでした。

まぁ、調べ物は私にとって趣味みたいなものなので良いのですが、それでもやっぱり負担の差が大きいことに不満はあったんですね。

マメさんから「家のことばっかり調べてないで、家事をもう少しやってほしいな」と言われたこともありましたし…

私がやってることはただの自己満足で、マメさんは求めてないんだ、認めてくれないんだと思っていました。

そうは言っても、どちらかは調べておかないと、せっかくお金をかけて建てるマイホームの満足度が下がってしまうこともあるわけで💦

でも、この時のマメさんの「ありがとう」で、不満が溜まった私の心の奥がほっこり暖かくなりました🥰

 

 

 

 

そんなこんなで、候補の土地に買付の申し込みをした私たちでしたが、なんと申込をしたのは私たちだけではありませんでした😱

どうなる、土地の購入⁉️

 
 

家づくりの記事一覧はこちら♪

こんな記事もオススメ♪

 

 

 
 

にほんブログ村 家族ブログ 新婚夫婦へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

5

私たちの土地探し⑧~決断~” に対して2件のコメントがあります。

  1. そらまめ より:

    カナさん、あけましておめでとうございます
    以前、コメントさせて頂いたそらまめです
    そのコメントに書こうかどうか悩み
    結局、書かなかったのですが
    うちは家を建て3年目になります。
    しかもカナさんが住われてる隣の県で
    (クラシスホームのCM流れてます)
    うちも高低差のある南傾斜の土地です。
    そして土地探しからの家づくりも同じで
    まさか注文住宅を建てるなどとも思っておらず
    今更ながら、カナさんの記事を読み
    「そうそう!わかる!」と共感連打してます
    夫も私も産まれ育った所は、牛肉で有名な市で
    こちらには土地勘もなく
    高い一生ものの買物だけに失敗できない
    結局、長年思い抱いていた家を建てる経緯とは
    全く異なり
    当初予定していたハウスメーカーさんでも無く
    住み慣れた借家があった市でもない土地へ
    家を建てました。
    これだけ↑書くと悲惨感が漂いますが
    結果、凄く住みやすく良い家だと自画自賛です
    これからも設計士さんとの打ち合わせで
    色々あると思いますが、せっかくの家づくり!
    諦めず粘り強く、ご夫婦で楽しんでくださいね。

    1. Kana より:

      そらまめさん
      明けましておめでとうございます!
      読んでくださって、コメントまでいただいて嬉しいです(*^^*)
      そらまめさんのお宅も3年前に建てられたのですね!
      私たちもお互い地元は遠方ですので、「この土地でよかったのか」という気持ちにもなりましたし、「こんなにお金を使って満足できないものだったらどうしよう」とナーバスになることもあります。
      実際、身近に注文住宅を建てたけれど気に入らず、もう一度建てたいと後悔されている方もいて、私たちもそうなってしまわないか不安でした。
      でも、慣れない土地でも、思っていなかった経緯でも、とても気に入っていらっしゃるというお話を聞いてほっとしました。
      まだまだ打ち合わせも初期段階なのですが、私たちも『大好きな家』を作れるように、2人で楽しみたいと思います。
      また是非読みに来てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です