初めてのプレゼント

昨日の夜、

華奈「ねぇねぇ、全然眠れないんだけど、私不眠症かな?!」

マメ「うーんとね、それはね、たぶん3時間もお昼寝をしたからだよ」

華奈「えー?!(驚いたフリ)」

という茶番をしていた華奈です、こんにちは。

我が家では毎日のようにこのような茶番が繰り広げられております。平和な証拠ですね。

 

 

 

 

 

私は結婚するまで姉と2人姉妹で、根っからの末っ子気質なので、自分が姉という立場になるだなんて想像もできませんでした。

それが、結婚をして「義理」ではありますが、初めて妹ができました!

 

 

 

 

 

マメさんの妹ちゃんは、2つ年下で今30歳なのですが、30歳とは思えない素直で幼い雰囲気の可愛らしい子です。

マメさんと初めて会った時に家族について聞くと、『うちの妹はフワフワしていて可愛いんですよ』と言っていたくらいです。

「フワフワしている」と聞くと、あまり考えていない子をイメージされるかもしれませんが、マメさんの妹ちゃんは考えがしっかりしていて、しかも柔らかい雰囲気も持ち合わせているという、とても女の子らしい素敵な子なのです。

 

 

 

 

 

そんな義理の妹ができたものの、遠方に住んでいて頻繁には会わないので、まだどこか気を遣う関係です。

でも、いつもマメさんの実家や別荘にお邪魔すると、いろいろな物の場所などを丁寧に教えてくれて、私に積極的に話しかけてくれます。

そして、今年のお正月にマメ家の別荘で一緒に過ごしている時、妹ちゃんから突然プレゼントをもらったのです!

『この間、広島に旅行に行ったのでお土産です🥰』

 

 

 

 

 

それは、お裁縫に使う便利な道具でした。

旅行に行った時に見つけて、服を作るのが趣味である私を思い出して買ってくれたということが、とても嬉しかったです。

私も妹ちゃんに、何かプレゼントしたいな…と思いました。

 

 

 

 

 

お裁縫の道具をもらったのだし、それを使って布の小物でも作ろうか?エプロンとかがいいかな?

いろいろと悩んだ末、「本人に欲しいものを聞いてみよう!」と思い立ち、私の布コレクションの写真を送り、リクエストを聞いてみました。

『すごい!お店みたいです!』

と、とても喜んでくれて、欲しいものを考えてもらいました🥰

私の布コレクションがありすぎたためにかなり悩ませてしまいましたが、2つの小物を作ることにしました。

初めての妹ちゃんへのプレゼントは、オーダーメイドの布小物です!

 

 

 

 

 

ちなみに、我が家の布コレクションはこんな感じです。

ごく一部でして、実はまだまだあります。

ほとんどが、服を作るために購入した生地や、作った後の残り生地、そして数年前にポーチなどの小物を作って販売していた時の在庫の布です。

どの布を選ぶのかな?と、こちらもワクワクしました!

 

 

 

 

 

そして、オーダーいただいたものは、ブックカバーサニタリーポーチでした。

サイズも細かく指定してもらったので、大きさが分かりやすくて作る側としては助かりました。

いずれも初めて作る形だったのですが、いろいろ調べて何とか形にすることができ、しかも結構可愛くできたので満足しています。

 

 

 

 

 

こちらが、ひとつ目のブックカバーです。

折り返し部分をとめるバンドはレースを使い、しおり部分には以前ピアスなどを作っていたパーツが残っていたので、飾りをつけました。

こちらのブックカバーは、思った以上の反響があり、お義母さんとマメさんからも注文をもらいまして、合計5つも作りました!

シンプルな柄のものにはイニシャルを刺繍してみました。

最近は電子書籍を利用する方や、そもそも本を読まない方も多い中、マメさん一家はみんな紙書籍派でした!

リクエストを聞いてブックカバーが出てくるなんて、珍しいですよね。

 

 

 

 

そして2つ目のサニタリーポーチは、こちらです。

この柄は、昨年のリバティ生地の新作で、スカートを作るために買っていた布です!

(まだスカートは作ってないのですが、本当に素敵な柄なのでGW中に作ろうかな…)

追記:スカートもできました!

 

 

 

 

 

もともと使っていたポーチがかなり古くなってしまったけれど、形が同じものが見つからなくて困っていたそうで、『可能であればこれに近いものでお願いします』とお写真付きでオーダーいただきました。

こちらは、リバティの生地が高価なので、まず安い生地で試作をしてみて、思い通りのものができたので本番の生地で作りました。

私、こだわり始めると止まらないタイプなので、こちらのポーチは紐も私自身で編みました!

思った通りの紐が売ってなかったんですよね。

ダイソーのレース用糸で紐を編みました🌸

 

 

 

 

手作りのものというのは、今の時代必ずしも喜ばれるとは限らないと思います。

手間暇をかけて作っても、既成のものの方が良いという方もきっといらっしゃいますよね。

今回は、妹ちゃんがすごく楽しんで布を選んでくれたり、お義母さんからも『作って欲しい!』というお声をいただいて、とても嬉しかったです。

作る楽しさを実感して、また小物ショップを再開しようかな?という気持ちになりました。

もうすぐ郵送する予定なので、実物も喜んでもらえるといいな…♪

 

 

 

 

そして、布コレクションが溜まっているのを実感したので、ちゃんと使えるものに変身させていこうと思います!

布のまま置いておいても、意味がないですからね!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です