フルオーダーキッチンへの軌跡①〜きっかけ〜

 

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます😊

初めての方にオススメのページはこちら

『DINKS夫婦、家を買う』では、DINKS(共働きの選択的子なし夫婦)である私たちが、どのような考えでどのような家を購入したのかをご紹介しています。

シリーズ完結に1年以上かかる予定ですが、ご興味のある方はぜひ✨

 

こちらのアイコンから、マイホーム関連の記事に飛んでいただけます♪

 

 

 

先日の記事で、家づくり当初からずっと心に決めていたキッチンハウスの採用を見送ることについて書きました。

前回のお話はこちら

 

 

 

 

 

それでは、一体どこのキッチンメーカーを選ぶの?

どこのメーカーでも、海外製食洗機の在庫確保は難しいんじゃないの?!

と、思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

 

 

私たちはキッチンハウスの採用をやめ、

フルオーダーキッチン

をつくることに決めました‼️

コリスくん
コリスくん
えー?!
フルオーダーは予算オーバーなんじゃなかったの?!

 

 

目次

1.始まりは一通のメッセージ

2.再浮上

3.キッチンメーカーを選ぶ

4.キッチンハウスが脱落したわけ

5.まとめ

 

 

 

 

 

 

1.始まりは一通のメッセージ

 

初めて、フルオーダーキッチンの採用を考えたきっかけとなったのは、当ブログのコメント欄にいただいた、一通のメッセージでした。

 

 

 

 

『キッチンハウスでの提案よりもハイスペックな設備を採用して、同価格帯でフルオーダーキッチンを作ることもできますよ!

もしご興味があれば、こちらの見積もりをお見せしますので、ご連絡ください。』

 

 

 

 

とても、驚きました。

フルオーダーキッチンは、キッチンを検討する上で、真っ先に除外したものでした。

理由は簡単で、予算オーバーだったから。

キッチンハウス×クラシスホームオリジナルの規格商品(私たちが採用を決めていたキッチン)の価格が、

241万円(税抜き)

でした。

クラシスホームの担当さんに、フルオーダーキッチンについて相談したところ、これよりもかなり金額が上がってしまうとの返答だったので、深く追求することもなく諦めたのです。

 

 

 

 

 

フルオーダーキッチンを除外したことで、実質採用を諦めた設備がいくつかありました。

ひとつは、ガゲナウの食洗機

ミーレやボッシュはともかくとして、ガゲナウは採用できるキッチンメーカーが本当に限られていたんですよね。

しかも、単価も他メーカーよりもかなり高いです。

そしてもうひとつは、ガゲナウのバーベキューグリル

出典:https://libcontents.com/blog/?p=11214

溶岩石を使って簡単に美味しいグリル料理ができる代物です。

これは確実に、フルオーダーではないと採用できない設備でした。

 

 

 

 

 

読者さんのメッセージを拝見して興味を持ち、図々しいかと思いながらもご連絡し、お話を伺わせていただきました。

そして何と、実際にお見積もりを見せていただきました。

その内容が驚くべきもので、私たちが採用を決めていたキッチンと同じくらいの価格で、諦めた憧れの設備、いや、それ以上のものが含まれている仕様でした😳

最上級ランク御影石天板、ガゲナウ食洗機60㎝幅、ガゲナウバーベキューグリルにハイカロリーバーナー、ディスポーザーまで。

もし本当に興味があるなら、キッチンメーカーをご紹介いただけるとのこと。

非常に悩み、夫婦で緊急会議を開きました。

 

 

 

 

しかしこの時は、フルオーダーキッチンを検討するには至りませんでした。

理由としては、

◯クラシスホームは設備の施主支給ができないので、拝見したお見積もりよりもかなり金額が上がることが予想されたこと

◯マメさんがキッチンハウスを非常に気に入っていて、それ以上は求めていなかったこと

でした。

そんな訳で、フルオーダーキッチンの話は我が家ではそれきりになっていました。

しかし、私の心の奥底には、わずかに諦めきれない想いが残りました。

これが、最終的にフルオーダーを選ぶきっかけとなりました。

 

 

 

 

あの時メッセージをくださった読者の方、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

2.再浮上

 

 

時は流れて少し前のお話。

ミーレやボッシュが、キッチンハウスで採用できなくなりつつあると聞いた時のこと。

キッチンハウスで海外製食洗機を何とか確保したい!

…という想いと共に、ある想いが湧いてきました。

 

 

 

 

フルオーダーキッチンにしたい

 

 

 

 

ミーレやボッシュと比較して価格が高いガゲナウは、現状ではまだ市場に出回っているようでした。

おそらく、間もなく同じ状況になると思われますが。

もし…もし、キッチンハウスの規格商品でミーレもボッシュも採用できなくなったら、キッチンハウスを選ぶ意味はなくなる。

それならいっそのこと、もう一声金額を出してガゲナウを入れたい。

フルオーダーにすれば、それが叶う。

 

 

 

 

 

この想いをマメさんにぶつけたところ、なんと賛同してもらうことができました😭

この時点では、まだキッチンハウスでボッシュが確保できる可能性も残されている状況でしたが、

もしキッチンハウスの採用をやめたその時はフルオーダーにしよう。

そう、夫婦間での意見が一致しました。

マメさん
マメさん
カナはクラシスホームに初めて行った時、真っ先にガゲナウの食洗機を入れられるか聞いてたもんね。
そこまでの想いがあるのなら、後悔のないようにしよう!
ありがとうー!😭💕
カナ
カナ

 

 

 

 

 

3.キッチンメーカーを選ぶ

 

フルオーダーキッチンを候補に入れて初めて知りましたが、オーダーキッチンメーカーは数えきれないほどあります。

有名どころでは、キッチンハウス、トーヨーキッチンスタイル、クチーナなど。

いずれも高価格帯です。

私たちが選びたいのは、ブランド力なんてなくて良いから、確かな品質で適正コストなキッチンを作ってくれるメーカーです。

 

 

 

 

 

やはり、前述の読者さんに再度ご連絡して紹介していただこうか…

と思った時、私の古い記憶の中に、ひとつの心当たりがありました。

10年以上前に、一緒にイベントを運営していた方が、東京で家を建てる際にフルオーダーキッチンを採用していらっしゃったんです。

しかも、価格と品質にとても満足されて、ご家族の家のキッチンリフォームでも同じメーカーにお願いしていたはず。

当時、どんなメーカーなのか気になって調べました。

そして、いつか自分が家を建てる時にはお願いしたいと思い、メモしてあったのでした。

10年以上前のことなので、メモはどこかへ行ってしまいましたが、おぼろげながらメーカー名を覚えていました。

 

 

 

 

 

…あそこだ。

あそこに、頼もう!

意気揚々とインターネットで検索!

…したところ、なんと施工可能地域が関東のみ😭

 

 

 

 

 

がっくりした直後に、ある文章が目に入ってきました。

『中京地区の方は、うちでは施工できませんが、信頼できるオーダーキッチンメーカーをご紹介します』

すぐに問い合わせし、その日のうちに愛知県にあるオーダーキッチンメーカーを紹介していただくことができました!

 

 

 

 

 

キッチンメーカーが、絶対的な信頼をおく会社。

大手システムキッチンメーカーの特注品や設計事務所の案件などを、国内の自社工場で製作している、技術力のあるキッチンのスペシャリスト集団。

私たちがたどり着いたのは、そんなオーダーキッチンメーカーです🌸

 

 

 

 

 

 

4.キッチンハウスが脱落したわけ

 

キッチンハウスを再訪問する前は、キッチンハウスでボッシュが入れられない状況であればフルオーダーにしようと考えていました。

海外製食洗機の在庫状況次第だったんです。

しかし、キッチンハウスが脱落した場合に備えて、オーダーキッチンメーカーにもアポイントを取ってありました。

 

 

 

 

そして、キッチンハウスショールーム訪問の日。

前回の記事でも書きましたが、

『全ての仕様を即決してサインをすれば、ボッシュの食洗機を確保できる』

ということが判明。

 

 

 

 

この時、私たちの中にはいろいろな想いが入り混じっていました。

『ほぼ仕様は決まってるんだから、今ここで残りを全部決めて、ボッシュの在庫を押さえちゃった方がいいんじゃないか』

『でも、それだと家の他の設備や内装に合わせて変更することができなくなる』

『しかも、キッチンハウスに決めた瞬間、フルオーダーへの夢は…ガゲナウは諦めることになる』

 

 

 

 

正直、キッチンハウスの仕様において迷っていた部分を、その場で決めてしまうことはできたと思います。

ダイニングテーブルの幅と、レンジフードをアップグレードするかどうかだけでしたから。

それをあえてしなかったのは、私たちの中のフルオーダーキッチンへの想いが、ことのほか大きくなっていたからでした🥰

 

 

 

 

 

いずれにしても、海外製食洗機の国内在庫状況を考えたら、一刻の猶予もないのに変わりはありません💦

もともと、オーダーキッチンメーカーを訪問するのはもう少し先の予定でしたが、急遽対応していただけることとなり、キッチンハウスを訪問したその日のうちに伺ってきました!

そして、そちらのメーカーがクラシスホームで採用可能ならば、キッチンハウスをお断りすることに決めました。

 

 

 

 

 

キッチンハウスが脱落したのには、ふたつの大きな理由があります。

まずひとつめは、大きな会社なので、融通が効かなかったこと。

全ての仕様を決めて書面にサインしなければ、食洗機を押さえられなかった点です。

私たちが選んだオーダーキッチンメーカーはそれほど規模の大きな会社ではなく融通が効いたので、私たちが検討するというそれだけで、即座にガゲナウの食洗機を押さえてくださいました。

家づくりの進捗に合わせて、仕様を考える時間が十分にあるかどうかの差は大きかったです。

 

 

 

 

 

ふたつめは、キッチンハウスにしかできないことがなかったこと。

私たちが選んだメーカーは、フルオーダーを比較的安い価格帯で採用できるところです。

これは、安く素材を仕入れるのが得意であったり、自社工場で製造しているからのようです。

正直、キッチンハウスで予定していたものと全く同じ仕様であれば、より安く作れる可能性が高かったのです。

(クラシスホームの利率によるので、断言はできません)

デザインを似せることもできますし、価格が抑えられることにより、質の良い素材や設備を検討することが可能になります。

そうなると、あえて割高のキッチンハウスを選ぶ理由がなくなってしまいました💦

 

 

 

 

 

 

5.まとめ

 

今回は、私たちがフルオーダーキッチンを選択した経緯についてご紹介しました🌸

クラシスホームでこれまで例のないキッチンメーカーだったため、採用可能かどうかの審査に時間がかかりましたが、つい先ほど無事採用の許可がおりました!!😆

これから、どんな素材や設備を入れるのか、選んでいくのがとても楽しみです!

一考の価値のある、便利な設備もすでにご紹介いただいているので、そのうち記事にしますね🥳

最後までお読みいただきありがとうございました❗️

 

 

 

 

 

 

私たちが選んだオーダーキッチンメーカーはこちら

所在地は愛知県ですが、遠方でも対応可能な地域もあるそうです。

 

 

 

キッチンの記事を全て読みたい方はこちら

 

 

 

 

 

 

Twitterで記事更新のお知らせをしています♪

フォローはこちら↓

 

 

家づくりの記事一覧はこちら

カテゴリ別で読みたい方はこちらがオススメ♪

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です