フルオーダーキッチンのコンロを選ぶ!ガゲナウVario三点セットの採用なるか?!

 

 

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます😊

初めての方にオススメのページはこちら

『DINKS夫婦、家を買う』では、DINKS(共働きの選択的子なし夫婦)である私たちが、どのような考えでどのような家を購入したのかをご紹介しています。

シリーズ完結に1年以上かかる予定ですが、ご興味のある方はぜひ✨

 

こちらのアイコンから、マイホーム関連の記事に飛んでいただけます♪

 

2021年5月18日に当ブログが一度消滅した影響で、現在復旧作業中です。

ブログ内のリンクが無効になっていたり、リンク先の記事が乱れている場合がございます。

完全復旧までには、かなり時間がかかると思われます。

今しばらく、お待ちください🙇‍♀️

 

 

 

 

 

マイホーム着工まで1ヶ月を切り、ドキドキしているマメカナです!こんにちは☺️

クラシスホームと契約したのが昨年11月頃。

ようやくここまで来ましたー!!

マメさん
マメさん
今週末はついに最終打ち合わせだね😚
本当に『最終』になるかどうかは私たち次第…💦
カナ
カナ

 

 

 

 

 

リアルタイムではすでに設備・内装ほぼ全てが決定していますが、こちらでは相変わらずのんびりご紹介していきます🌸

今日は、キッチンの要ともいえるコンロ選びについてです!

 

 

 

 

 

目次

1.ガゲナウVario三点セットへの憧れ

2.理想と現実の狭間

3.どうしても諦められなかったもの

4.妥協点

5.まとめ

 

 

1.ガゲナウVario三点セットへの憧れ

 

さかのぼること、私たちがマイホームを検討し始めるよりも何年も前、

まだマメさんとカナが出逢ってもいなかった頃のこと。

カナには、『いつか家を買ったら、こんな設備の入ったキッチンを作りたい❗️😆』という憧れを抱いているものがありました。

 

 

 

 

 

それが、ガゲナウの食洗機、そしてVario三点セットです🌸

 

 

 

 

 

ガゲナウはその価格の高さや、日本の既製キッチンと規格が合わないことから日本ではあまり普及していませんが、

ドイツでは有名な最高級のキッチン設備メーカーです。

 

 

 

 

 

もちろん、ただ価格が高いだけではありません。

洗練されたデザイン、

質実剛健で壊れにくい構造、

無駄がなく高い機能。

正に、男のロマンが詰まっています!!!

 

コリスくん
コリスくん
カナ、何言ってるの⁉️
ガゲナウに憧れてるの、マメさんじゃなくてカナなんでしょ🤣
そうなんだけど💦
ガゲナウは、女のロマンじゃなく、間違いなく男のロマンだと思う😁
カナ
カナ

 

 

 

 

 

マイホーム計画がスタートし、要望をまとめたマイホームノートを作った時、

そこには『ガゲナウの設備を入れたい』というカナの希望が書かれていました。

 

 

 

 

 

しかし、家づくり開始直後に、その要望がフルオーダーキッチンでなければ叶えられないものと知り、

一度は仕分け対象と判断して諦めました😔

 

 

 

 

 

その後、なんとびっくり、ひょんなことからフルオーダーキッチンを採用することに😳

 

 

それと同時に、一度は諦めた憧れの設備への想いも再燃したのです!

カナ
カナ
ガゲナウ…‼️🥺

 

 

 

 

 

前置きが長くなってしまいました💦

カナの憧れのコンロ、ガゲナウのVario三点セットとはこちら🥳

右から、

バーベキューグリル

ハイカロリーバーナー

二口IHコンロ

です!!

 

 

 

 

 

キッチンの調理機器に関して、

お手入れしやすく安全性の高いIH

パワフルな火力で調理しやすいガス

に好みが分かれますよね🤔

 

 

 

 

 

我が家は断然、ガス派です!!!

もう15年くらい、いろいろな賃貸物件に住んできたので、どちらも使ったことがあるのですが、

IHコンロは加熱し始めてからお鍋が温まり始めるタイミング、熱源を切ってから冷め始めるタイミングがつかみにくく、直感的に使いづらかった経験があるんです😥

 

 

 

 

 

スープや煮物などはIHでも良いけれど、

炒め物など火加減をその都度調整しながら作るものに関しては、ガスが良いと考えていました。

そのため、既製キッチンを検討していた際は、もちろんガスコンロ一択!!

 

 

 

 

 

…でしたが、もしガゲナウの調理機器を採用するならば、

上の写真のようにIHとガスのコンロ、そしてグリルまで組み合わせることができます。

ガゲナウのガスコンロであるハイカロリーバーナーは、業務用の調理機器。

普通の家庭用ガスコンロでは叶わないような、パワフルな火力です🔥

そのため、本格中華も夢ではない、高性能調理器なのです!🥳

カナ
カナ
Vario三点セット…採用したい‼️🥺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.理想と現実の狭間

 

 

コリスくん
コリスくん
Vario三点セット、確かにすごくカッコいいけど、高そうじゃない?
……………。
カナ
カナ
マメさん
マメさん
普通の三口ガスコンロと比べて、どのくらい値段が違うんだっけ??

 

 

フルオーダーキッチンの価格については、過去にもご紹介しました。

 

 

こちらでも書いた通り、設備の施主支給が可能かどうか、そしてハウスメーカーの利率によって大きく価格が変わってきます。

私たちが建てるクラシスホームは、設備の施主支給ができない上に、利率も高いです💦

 

 

 

 

 

あくまでもその条件下でのお話ですが…

 

 

 

 

 

仮にリンナイの60㎝幅三口ガスコンロ(ピアットと同ランクのもの)とVario三点セットを比較した場合…

 

 

 

 

 

なんと…

 

 

 

 

 

 

びっくり……

 

 

 

 

 

 

約60万円の差額でした…!😱😱

 

 

コリスくん
コリスくん
えっ⁉️⁉️😳
ろ…ろくじゅうまん…😨
カナ
カナ
マメさん
マメさん
さすがに高すぎじゃない??🤔(冷静)

 

 

 

 

 

以前の記事でご紹介していたフルオーダーキッチンの価格は、Vario三点セットを採用した場合のもの。

それで、キッチン本体・施工費込みの金額が約330万円でした。

それが、コンロを国内メーカーの三口コンロに変更するだけで、270万円まで下げることができる訳です。

 

マメさん
マメさん
迷う理由はないよ。
一度は仕分けた設備じゃない。
……でも…😥
カナ
カナ
マメさん
マメさん
実用的にはガゲナウのコンロの方が優れてるの?
……それは…💦
カナ
カナ

 

 

 

 

 

最近の国内メーカーのコンロは非常に多機能で、

安全装置や自動火力調整など、便利な機能が搭載されているものが多くあります。

また、赤外線センサー搭載のものを選べば、コンロとレンジフードを連動させることもできます。

コリスくん
コリスくん
自動で火力を調整してお魚を焼いたり、ご飯を炊いてくれるものもあるよね!
タイマーがついてるのも😆✨
マメさん
マメさん
 

 

 

 

 

 

一方で、ガゲナウの調理機器の機能は、非常にシンプルです。

ハイカロリーバーナーは、高火力で業務用レベルの代物。

最低限の安全装置はついています。

でも、それだけです。

特に便利な機能が搭載されている訳ではありません。

そして、我が家では今のところ中華鍋を振って本格中華を❗️

…なんてことはやっていないので、高火力であることは必須ではないのです😥

 

コリスくん
コリスくん
えーと、つまり…?
我が家の場合、コンロをガゲナウにするメリットは…?
マメさん
マメさん
カナ
カナ
男のロマン、ただそれだけです‼️😭
カナもついに観念したね🤣🤣
コリスくん
コリスくん

 

 

 

 

  

 

 

 

 

3.どうしても諦められなかったもの

 

マメさん
マメさん
カナ、現実が見えたでしょ?
調理機器は国内メーカーのものにするよ?いい??
………ヤダ😭😭
カナ
カナ
マメさん
マメさん
どうして嫌なの?
実用的にも国内メーカーなものの方が便利なんだよ?
カナが一番わかってるじゃない☺️
コンロはいいの。
でも、どうしても、どうしても、
バーベキューグリルだけは…‼️😭
カナ
カナ

 

 

 

 

 

ここまでコンロにしか触れてきませんでしたが、

みなさん『これは何だ?』と思っていたでしょうか?

何を隠そう、これこそが、

カナがどうしても諦めきれなかったもの…❗️

バーベキューグリルです‼️

コリスくん
コリスくん
バーベキューグリルって、何?🤔
普通のコンロについてる魚焼きグリルとは違うの?

 

 

 

 

 

 

ガゲナウのバーベキューグリルとは、

溶岩石の遠赤外線で食材を焼くグリル機器です✨

溶岩石で焼くと言っても想像しづらいかもしれませんが、

つまりはツマミをひねるだけで炭火焼きができるイメージです‼️🥺

 

 

 

 

 

我が家は共働き夫婦。

平日の夜はそんなに凝ったものなんて作れません。

でも、バーベキューグリルがあれば、難しい調理をしなくても素材の味だけで美味しいグリル料理が食べられるのです🥰

休日の朝ごはんにチョリソーを焼いて食べたりするのですが、それをバーベキューグリルで焼いたら…🤤🤤

 

 

 

 

 

カナ
カナ
マメさん、お願い‼️
バーベキューグリルだけは諦めたくないの🥺
これがあれば、絶対におうちごはんが豊かになる❗️
夜、二人でグリルの近くに座って、お野菜やお肉を焼きながら一杯…なんてこともできるんだよ💕
夫婦の楽しみのために投資するのも、いいじゃない😋
そんなこともできるのか😳
…………(妄想中)
カナ、バーベキューグリルは必要だよ❗️
採用しよう‼️
マメさん
マメさん
コリスくん
コリスくん
えっ、採用しちゃうの⁉️😂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.妥協点

 

コリスくん
コリスくん
カナのバーベキューグリルへの熱意はよくわかったよ。
でも、実際問題、やっぱりVario三点セットは価格が高すぎるんじゃない?
わかった。
ガスコンロは国内メーカーのものにして、それにバーベキューグリルだけ追加する形にする!!
カナ
カナ
マメさん
マメさん
そういうパターンもありなのか🤔

 

 

 

 

 

結果的に我が家の調理機器は、

リンナイの三口コンロ(60㎝幅)/デリシア

ガゲナウのバーベキューグリル

という組み合わせに決定しました🥳✨

 

 

 

 

 

もちろん、75㎝幅の三口コンロにした方が、ガスコンロ自体はゆとりがあって使いやすいですが、そこは妥協点です。

コンロ間のゆとりよりも、バーベキューグリルを取りました!

 

 

 

 

 

60㎝幅の三口コンロとバーベキューグリルを並べると、調理機器の幅が合わせて90㎝くらいになります。

私たちがキッチンをフルオーダーに決めたのは間取り決定の後だったので、

キッチンのサイズはキッチンハウスで検討していたものと同じです。

計算すると、調理スペースとして残るのは63㎝。

 

カラーラショールームのキッチンで測ってもらうと、これくらい。

…十分ですよね?

念のため、ワークトップをフラットに広げられるようにシンクも工夫してもらうことにしました🌸

 

 

カナ
カナ
マメさん、希望を叶えてくれてありがとう🥰

 

 

 

 

 

5.まとめ

 

今回は、我が家のキッチンの調理機器選びについてご紹介しました✨

バーベキューグリルの採用を決めてからは、マメさんと二人で『こんなもの焼きたいね💕』と、妄想を膨らませています☺️

早く使いたくて仕方がないです!

 

 

キッチンの記事を読みたい方はこちらから✨

 

 

Twitterで記事更新のお知らせをしています♪

フォローはこちら↓

 

 

家づくりの記事一覧はこちら

カテゴリ別で読みたい方はこちらがオススメ

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です