2021年5月中旬現在!海外製食洗機を確保することはできる?!

 

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます😊

初めての方にオススメのページはこちら

『DINKS夫婦、家を買う』では、DINKS(共働きの選択的子なし夫婦)である私たちが、どのような考えでどのような家を購入したのかをご紹介しています。

シリーズ完結に1年以上かかる予定ですが、ご興味のある方はぜひ✨

 

こちらのアイコンから、マイホーム関連の記事に飛んでいただけます♪

 

 

2021年5月18日に当ブログが一度完全消滅した影響で、現在復旧作業中です。

ブログ内のリンクが無効になっていたり、リンク先の記事が乱れている場合がございます。

完全復旧までには、かなり時間がかかると思われます。

今しばらく、お待ちください🙇‍♀️

 

 

 

 

 

以前にも何度か記事で触れて来ましたが、昨年末頃から、

海外製食洗機の在庫不足問題

がマイホーム計画中の私たちに襲いかかりました。

これまでの食洗機に関する記事はこちら

 

 

 

 

 

 

2021年4月末の段階では、

GWが明けたら在庫確保はかなり厳しくなるのではないか

という予測があちこちでされていました。

そしてGWが明けてしばらくが経ち…

『海外製食洗機を希望していたけれど、今はもうどこでも確保できないよと言われ、諦めました』

という声もちらほら聞こえて来ます。

 

 

 

 

 

本当に、海外製食洗機はもう採用できないのか。

何か、手段はないのか。

今回は、私たちの知る限りの情報をこちらで共有させていただきます。

こちらの記事の内容は、私たちのキッチンを作っていただくフルオーダーキッチンメーカー、kitchen studio Carraraの方に伺ったお話を元に書いています。

状況は毎日変わっていますし、メーカーによって差のあることなので、詳しくは採用されるキッチンメーカーに確認してください。

 

 

 

 

 

目次

1.在庫確保が困難なもの

2.経路によっては在庫が確保できるもの

3.現状では在庫が確保できるもの

4.まとめ

 

 

1.在庫確保が困難なもの

 

まず、すでに在庫確保が非常に難しくなっているものに関してです。 

 

 

 

 

 

2021年4月末の時点ですでに挙げていましたが、

『60㎝幅』

の機種は、現在もメーカーに関わらず入手困難で、キャンセル待ちとなっているようです。

我が家は45㎝幅のものを導入予定ですので、この点は影響ありませんが、人数が多いご家庭にとっては大問題ですね😢

 

 

 

 

 

45㎝幅の機種では、

AEG(アーエーゲー)、BOSCH(ボッシュ)

は、流通がストップしている状態だそうです。

 

 

 

 

 

2.経路によっては在庫が確保できるもの

 

上記に、Miele(ミーレ)が含まれていないことに、『あれっ?』

と思われた方は多いのではないでしょうか。

そもそも、ボッシュの受注停止のきっかけとなったのは、ミーレが先に受注停止となり、代替案としてボッシュを選ぶ方が増えたことによるもの。

現在も、ほとんどのキッチンメーカーで、Mieleは受注停止となっています。

 

 

 

 

 

しかし、一部の小さなキッチンメーカーなら、採用できる可能性があるかもしれません。

実は、ミーレは今も時々、少ない個数の流通はあるそうです。

顧客の多い大手キッチンメーカーは、かなりの数の在庫が確保できなければ受注再開とはなりません。

しかし、先日ご紹介したkitchen studio Carraraのように、少数での入荷も行っているメーカーであれば、可能性が残されているようです。

これは確定的なお話ではないですが、Carraraでは、キッチン納品がすごく急ぎの方でなければ、在庫を確保できる可能性は十分にあるとのことでした。

 

 

 

 

 

今年の秋頃に新製品の発売の噂もありますが、

そちらはもし無事に発売されたとしても、すでに待っている方達の分でなくなってしまう可能性が高いので、あまり期待できないだろうとの予測でした。

 

  

 

 

 

 

3.現状では在庫が確保できるもの

 

現時点で、まだ在庫の確保が可能なのは、

GAGGENAU(ガゲナウ)

45㎝幅のものです。

こちらも、いつ他メーカーと同様の状況になるかは分かりませんが、現状ではまだ確保できるとのこと。

(ただし、もともとガゲナウと取引のあるメーカーにしか販売していないようです)

 

 

 

 

 

ガゲナウは海外製食洗機の中で最上位グレードのブランドですので、他メーカーと比較すると価格は上がります。

そして、既製のキッチンで採用できるメーカーは非常に限られています。

私たち自身、ガゲナウを採用するために、予算を上げてフルオーダーキッチンを選んだという経緯があります。

 

 

 

 

 

当初は、

『ガゲナウとボッシュはほとんど変わらないんだし、ボッシュでも良かったかな…』

という気持ちだったのですが、その後明確な差があることを知りました。

そして、それは私たちの生活スタイル、間取り、食洗機の使い方を考慮した時に、かなり重大な影響のあることでした。

今では、キッチンハウスで、

『今すぐサインしていただければ、ボッシュを確保できます!』

と言われた際に焦って決めなくて良かった、

ガゲナウを、そしてフルオーダーキッチンを選んで良かったと心から思っています。

ガゲナウの魅力については別途記事にさせていただきますね(書きたいことばかり溜まっていってます!いつ記事にできるやら😂)。

 

 

 

 

 

4.まとめ

 

今回は、簡単にですが、

現在でも海外製食洗機を採用できるのかどうかについてご紹介しました🌸

 

 

 

 

 

結論としては、

◯大手キッチンメーカー

◯規格商品での採用

は、かなり難しい現状のようです。

 

 

 

 

 

しかし、もし、

予算を上げてでも何とか採用したい!

という想いのある方がいらっしゃれば、すぐに動き出せば光が見えるかもしれません😊

 

 

 

 

 

私たちの採用したフルオーダーキッチンメーカー、kitchen studio Carraraでは、まだモノによっては採用が可能ですので、気になる方は問い合わせて見てください🌸

(お話を伺った数日前の時点では、ミーレ、ガゲナウの45㎝幅であれば確保できる可能性が十分にありとのことでした)

Carraraについてはこちら

 

みなさんが、満足のいくキッチンにすることができますように…🥰

 

 

 

 

 

 

 

私たちが選んだオーダーキッチンメーカーはこちら

所在地は愛知県ですが、遠方でも対応可能な地域もあるそうです。

 

 

 

キッチンの記事を全て読みたい方はこちら

 

 

 

 

 

 

Twitterで記事更新のお知らせをしています♪

フォローはこちら↓

 

 

家づくりの記事一覧はこちら

カテゴリ別で読みたい方はこちらがオススメ♪

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です